監視カメラの将来性について

監視カメラといえば、犯罪を未然に抑制する効果が高いとして期待されているものでもあります。また、それと同時にプライバシーの観点から、増えすぎるということに疑問をもつという人がいるのも事実であります。しかしながら、これにより、年々、犯人を特定できているケースが増えてきています。また、オリンピックがあるということで、ニーズが高まっていく方向は、間違いないと思われます。特に最近では、顔を登録して自動認証してしまう機能があります。その技術の進化には驚くものがあります。このまま、進んで行った場合には、犯罪者の顔を登録して、街のカメラがそれを捉えるということも将来的には、ありうるのではないかと期待できるところです。そして、最近では、日本のキャノンが、世界最王手の監視カメラ会社を買収したということで、日本にもいよいよ本格的な監視カメラ社会がくるのかもしれません。

監視カメラを自宅に取り付けるのは常識

コンビニや銀行、工場や大きなショッピングモールなどの施設では、たいてい防犯のために監視カメラが導入され、毎日映像を残しています。これがあるだけで犯罪の抑止力になり、映像や音声を残すことができるため、裁判の証拠として採用されるほどです。昔はビデオテープの形で映像を残していましたが、今はHDDにデータとして記録するタイプが多くなり、映像自体も鮮明になって、遠くの人の表情まで細かく記録できるようになりました。かつて自宅に監視カメラを設置するのは相当なお金持ちだけと言われていましたが、今は個人の自宅に設置するのは常識です。それは、カメラそのものの価格が安くなり、警備会社との契約も同時にする家庭が増えたからに他なりません。セキュリティの概念が欧米並みに高まり、自分の身は自分で守る考えが浸透した結果、この状況が生まれました。

監視カメラの性能は昔に比べてかなり上がった

ちらちらと線の入る画像が昔のビデオカメラの特徴で、これだとあまり映像記録として上等ではありません。人物の顔や表情、来ている服の色なども古いカメラだとわかりにくく、暗くなるとほとんど見えないので防犯上意味をなしませんでした。しかし、最近の監視カメラの性能は昔に比べると格段に上がり、映像証拠としての価値が非常に高まっています。その理由は記録媒体の変化です。かつてビデオテープで記録していたのがDVD、HDDと進化した結果、1週間から一ヶ月分の画像を簡単に記録できるようになり、しかもその映像を他の媒体にコピーするのも楽になりました。監視カメラの進歩はとどまるところを知らず、今やカメラの性能は非常に上がっています。中には赤外線を組み込み、夜でも鮮明な画像が残せるタイプや、マイクを通じて音声を発し、侵入を事前に防止するタイプもあります。

防犯上の多様な悩み・ニーズにお応えするために、お客様の立場にたってヒアリングすることを徹底しております。 当社では、様々なタイプの防犯カメラを豊富に取り扱う専門店となっており、お客様に満足していただけるように日々努力しています。 ネットワークを利用した遠隔監視の構築をします。 防犯カメラ・監視カメラは秋葉原のワイケー無線