じゅうたんをトランクルームで保管するメリットについて

複数のじゅうたんを保有しており、季節によって使い分けているような人の中には、使っていない絨毯の保管に苦労している人も多いと思います。自宅に十分な保管スペースが無いような人は、トランクルームを利用すると良いでしょう。トランクルームとは、個人向けの貸し倉庫です。一昔前まで倉庫は業者向けの物が殆どでしたが、最近では個人向けの倉庫も増えてきており、比較的安価で利用できるので人気を集めています。貸し倉庫の料金は借りるスペースの広さや設備によってまちまちですが、安い所では一区画月額3000円程度で借りれる所もあります。こうしたレンタルスペースを利用してじゅうたんを保管するメリットには2つあります。一つは自宅で保管する必要が無くなるという点です。絨毯は非常にかさばるため、複数の絨毯を保管しようとすると自宅に保管用の部屋を作る必要がありますが、貸し倉庫に預ければそのスペースを他の事に利用する事が出来ます。また、最近のトランクルームは管理体制がしっかりしているため、じゅうたんを痛めずに保管できるという点もメリットの一つです。絨毯は湿気や乾燥に弱い為、保管する場所の湿度設定には気を使う必要がありますが、貸しスペースではこうした湿度管理がしっかりと行われているため安心して保管する事が出来るのです。

じゅうたんを敷くことでのメリット

部屋のインテリアの模様替えをするとしたら家具を買い換えたりというイメージが強いかもしれませんが、家具を買い換えると今まで使っていた家具の行き場所がなくなったり、邪魔になったりします。簡単に部屋のイメージチェンジをしたいなら、じゅうたんを買うというのもおすすめです。季節によって寒色系や暖色系などカラーを使い分けをする事で季節感も感じることができます。大きな面積のものならば部屋全体にイメージがガラッと変わるので、家具を買い換えなくても自分の好みの部屋にすることができると思います。また、じゅうたんを敷くことよるたくさんのメリットもあります。まずはアパートなど、は隣近所の人の生活音が気になるという人も多いのではないでしょうか。そんな生活音などの騒音トラブルにならないために、じゅうたんを敷いておくことで、床に物を落としたり、子供が飛び跳ねたりした時の衝撃音を軽減することができます。何も敷いていない場合、毎日の歩行や掃除機の音や家具を動かした時の擦過音など、意外と下の階に響いていたりします。また、フローリングのままだと、高齢者や幼児が走り回って滑って転んで怪我をしたりすることもあるかもしれませんが、クッション性が高いものを敷いておく事で転倒しにくくなり、もし転んだとしても衝撃を吸収して大きな怪我を防ぐ事ができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*