じゅうたん等をトランクルームを利用して保管する

お部屋の模様替えの一環で、じゅうたんを交換することもあるかと思います。しかし、処分するほどでもないじゅうたんの場合は、どうしたら良いでしょうか。一つの方法として、トランクルームというレンタル収納施設に預けるということを挙げることが出来ます。トランクルームを勧める理由としては、セキュリティを含めた管理がしっかりとしている点になります。その多くは、空調設備により温度・湿度管理がされ、コンシェルジュサービスなどでスタッフが常駐しています。そして預けた収納品を出し入れする際には、営業時間内にスタッフ立会いのもとに行なわれます。これは国土交通省の定める「標準トランクルーム約款」に定められたものです。じゅうたんのような大きな物の他にも、ひな人形や五月人形、スキー板やサーフボードなどの季節ごとに利用する物や、保管しておきたい家具などはもちろんの事、引っ越しや家の建て替えなどで、一時的に家財道具を預けるということも可能です。また、ビジネスにおいても書類などの保管で利用されています。利用するスペースにより、料金が細かく設定されていますので、どのような物を保管するかをよく調べてから契約する必要があります。

場所をとるじゅうたんの保管、トランクルーム活用を

じゅうたん等の敷物はお部屋に入るとまず真っ先に目に入ってくるものです。故に、そのコーディネート如何によってお部屋の雰囲気をガラリと変えてくれる重要なアイテムでもあります。色や柄によってその効果は様々です。例えば明るい色合いのものはお部屋の雰囲気を楽しく明るいものにしてくれるので、家族みんなで楽しく過ごすリビングに向いていますし、逆に落ち着いた色合いのものはおしゃれで落ち着いたムードを演出することに向いています。また、例えば夏場は少し薄手のタイプのものを、そして冬場は生地の厚いタイプのものをといった具合に、シーズンに応じて敷くものを変えるという方も多いのではないでしょうか。このように、複数所有することも珍しくないじゅうたんですが、一つ問題があります。それは保管場所です。サイズの小さいものならともかく、大きなものや厚いものになってくると保管に少々手間取ります。押入れ等に納まりきらないという場合も多いのではないでしょうか。そこで活用したいのがトランクルームです。トランクルームを活用することにより、じゅうたんや布団といったかさばるものを格納でき、部屋や押入れがスッキリします。利用料金も手ごろであり、まさしく倉庫として使用可能です。使っていない敷物などの荷物がかさばって仕方ないという方、一度検討してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*