使わないじゅうたんの置き場所はトランクルーム

じゅうたんは使用するときには良いですが、使用しないときには場所をとるものの一つです。夏は暑いので敷きたくなく、冬は防寒の意味も込めて敷きます。そこで問題になってしまうのが、夏の間のじゅうたんの保管場所です。じゅうたん自体に厚みがあり、固い素材のものが多いので、コンパクトに折り畳むことも出来ませんし、折り畳むことが出来てもその保管場所を考えなくてはなりません。そこで、便利なのがトランクルームです。今は街の中にトランクルームの数が大変増えています。そのことについては重要があるからです。トランクルームは今の時代にあっています。家は、そこまで広くはないが、住むに従ってものが増えて行きます。この場合、部屋の大きさは変わらないので、ものの置き場に困ります。これからも使用することがないものは他人に譲ったり売るなどして処分を考えますが、このように季節によって使用するものはこのようにすることが出来ません。そして、これを家ではない場所に保管してしまいます。必要になればいつでも取り出すことが出来るのも便利なポイントです。たくさんのもとを置くスペースがない時には、効率よくこのようなサービスを利用すると便利です。

じゅうたんを使って、トランクルームにさらなる価値を

家に入りきらなくなった荷物や収集品を保管するために、よく利用されるのがトランクルームです。屋外に置かれたコンテナに収納するタイプや、ビルのフロアを使って収納するタイプなど、種類も豊富です。オーナーさんも増えているのではないかと思います。しかし、なかなか借り手が見つからないという方も中にはいらっしゃるかもしれません。そこで、今回はじゅうたんを使ってトランクルームの質を上げることを提案いたします。重い物を引きずられてしまったり落としてしまうと、床は傷つきます。しかし、じゅうたんが敷いてあれば、荷物を落としたり引きずられてしまったとしても床までは傷つきにくくなります。また、冬場に利用する方には、床の冷たさが気になるところ。それも、たった一枚あるだけで随分変わってくることでしょう。汚れてしまったりすり切れてしまったら、取り替えれば解決します。床を修復するよりも、はるかに安上がりといえるでしょう。『床を傷つけてしまったら修復代が・・・』と気兼ねして利用を見合わせていた方をぐっと引き寄せることも、きっと可能になるでしょう。床の修復代よりもじゅうたんの交換代の方がはるかに安いのですから。是非、ご検討下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*